多汗症を自分で治す方法

驚くほど汗が止まる大人気サプリ!

多汗症を自分で治す!改善方法と注意点

 

多汗症は早い人では赤ちゃんの頃から発症していると言われています。

 

確かに、他の子に比べてやたら汗だくの子っていますよね?まるでシャワー後のように頭からびしょびしょの子は、すでに多汗症を発症している可能性があります。

 

 

この多汗症、手術などの治療方法がありますが、それほど深刻ではない場合は、生活習慣や食生活を見直すことで、改善する可能性があります。

 

自分で改善したい場合は、心を鍛える必要もあります。

 

 

なぜなら、ストレスや緊張、恐怖心によって自律神経が乱れ、一気に大量の汗が出ることがあるからです。

 

多汗症

 

学生時代、前に出て発表しなくてはならない時、好きな子と手をつなぐとき、社会人になって面接やプレゼンの時など、ここぞという時に限って大量の汗をかいていませんでしたか?

 

これは、暑いから汗が出るのとは違い精神的発汗なのです。

 

ですから、多汗症を治すためには、ストレスに負けない強い心を持つことも同時に行わなくてはなりません。

 

 

それを改善するためには、尊敬する人の話を聞いたり、好きなスポーツ選手や政治家が書いた本を読むのも良いでしょう。

 

精神的なものが原因になっているとはっきり自覚している人は、カウンセリングや精神科を受診することで改善することも多いようです。

 

 

効果的な食べ物と避けるべき食べ物

 

多汗症の症状は食べ物でもある程度抑えることができます。

 

逆に悪化させる食べ物もあるので、覚えておきましょう!

 

 

多汗症を改善するためには、生活習慣を見直し健康的なリズムで生活をすることが大切です。

 

それによって自律神経を正常に保ち、急な発汗を抑えることができるのです。

 

 

食生活ではイソフラボンが豊富な豆類が効果的です。

 

豆腐や納豆、味噌、豆乳など色々なものがあるので、飽きずに続けることができますね!

多汗症 豆腐

 

肉よりは魚がおすすめで、肉食になることで汗が出るというよりは発汗時の体臭がきつくなるので、全く食べないのではなく野菜とバランスよく食べるようにしましょう。

 

 

逆に多汗症を悪化させてしまう食べ物は、刺激が強いものです。

 

辛いカレーやスパイスのきいた料理を食べると、一気に汗が吹き出しますよね?

多汗症 カレー

 

辛いもの、酸っぱいもの、味が濃いもの、コーヒーやお茶などのカフェイン、アルコール、たばこもできるだけ避けましょう!

 

これらを摂取することで、交感神経が刺激され、バランスが乱れてしまうことで汗が出てしまうからです。

 

 

このように、多汗症は少し意識するだけで症状が軽減します。

 

病院で治療を受けるのも大切ですが、自分でできることから始めてみてはいかがでしょうか?

 

アセッパー↓お得な公式サイト