顔面多汗症とは?

汗を止めるおすすめサプリ!

なぜか顔ばかり汗をかく・・顔面多汗症とは?

 

顔汗

 

周りに、顔から大量の汗をかく人はいませんか?

 

暑い日に体温調節のために汗をかく場合は、顔だけではなく全身から汗が出るのが普通ですが、特定の部分から大量の汗が噴き出してしまうのは、多汗症の一種かもしれません。

 

 

多汗症は緊張やストレスなどの心的なものが原因で、自律神経に支障が生じるために起こる発汗で、衣類がびしょびしょになるほど大量の汗が出てしまうのです。

 

この汗は全身から出る場合と、手や足、頭部、脇、顔・・など部分的の場合があります。

 

顔だけに大量の汗をかくものを顔面多汗症と呼びますが、女性は特にメイクが崩れるなどの悩みが生じるものです。

 

 

顔の汗は他の部分よりも蒸発しにくく、ベタベタしてる特徴があるため、とても不快なものです。

 

頻繁に顔を洗うことができれば良いのですが、そのような人は少ないはずです。

 

大量の顔の汗が原因で、肌荒れやニキビをひき起こすこともあり、何とかしたいと思っている人が多いのではないでしょうか?

 

 

なぜ、顔面だけに大量に汗をかくのか?

 

多汗症までいかなくても顔だけに汗をかく人は意外と多く、常にハンカチで顔の汗を拭いている人を見かけます。

 

そのような人たちの共通点は運動不足なのです。

 

運動不足になると、下半身など心臓に近い部分の汗腺の働きが鈍くなり、動きが多く心臓からも近い顔の汗腺が活発になってしまいます。

 

その結果、全身から出るべき汗が顔から出てしまうのです。

 

 

原因と対策

 

原因は先ほど説明したように、症状が比較的軽い場合は運動不足かもしれません。

 

適度な運動を心掛けることでかなり改善するはずです。

 

 

しかし、尋常ではないほどの汗が出る場合は、運動程度で改善することはなかなかありません。

 

他の部分は制汗剤や汗止めクリームなどを使うことで、不快感を減らすことができますが、顔には使えないものがほとんどでした。

 

最近は、顔に使うために作られた汗止めクリームがあるので、それを利用することで突然大量の汗が出るのを事前に防ぐことが可能です。

 

 

このようなケア用品はあまり効果がないと思っている人もいますが、これを使うことで汗が止まると実感できれば、かなりの効果が期待できます。

 

なぜなら、多汗症の場合「汗が大量に出たらどうしよう・・」という強迫観念が引き金になり、より症状が悪化することが多いからです。

 

誰でも、緊張したときに手や脇に汗がをかくことがありますよね?

 

多汗症の人は、その汗の量がとても多いので、もし「汗止めクリームを塗っているから大丈夫」と思えたら、いつもよりも汗が出ないのです。

 

 

顔面多汗症は治療が難しいため、心的な治療を中心に行うことが多いようです。

 

少しでも不快な顔の汗を抑えるために、自分が安心できるケア用品を探してみてはいかがでしょか?

 

アセッパー↓お得な公式サイト