多汗症とは

汗を止めるおすすめサプリ!

多汗症とは

 

多汗症とは、文字の通り必要以上に汗をかいてしまう病気のことです。
たまに手汗が酷い人などを見掛けますが、実はただの汗かきではなく多汗症の可能性があります。

 

多汗症の人は、緊張した時や焦った時などに発汗を促す「交感神経」が敏感過ぎることが原因で人よりも汗をかきます。
この症状は、日常生活にまで影響を与えることもあります。

 

例えば、ノートや書類に何かを書いている時、手汗が原因で紙がふやけてしまうことなどがあります。
また、手汗が酷すぎてパソコンを壊してしまったという人もいるようです。

 

多汗症は、精神性発汗による異常です。
特に汗を多くかいてしまうのは緊張した時、焦った時などでしょう。
そのため、病院に行くと心身療法で自律神経の状態を整える治療を行うことがあります。

 

自分で対処したいと思った場合には、一時的な効果ではありますが制汗剤を使用する人もいます。
どうしても汗を抑えたい場面では、このような対処方法でも役に立つことはあるでしょう。

 

また、多汗症の人には他にも病気が隠れている可能性があります。
汗が必要以上に出てしまう病気には、更年期障害や甲状腺の病気などもあります。
自分が多汗症かもしれないと思ったら、他にも病気がないかどうかを疑ってみることも必要です。

 

 

多汗症とただの汗かきの違い

 

多汗症とただの汗かきの違いは何なのでしょうか?
どちらも、必要以上に汗をかいてしまうという悩みは同じです。
ですが、多汗症とただの汗かきには大きな違いがあります。

 

汗かきな人は、体が体温調節をするために汗をかきます。
必要以上に汗をかいてしまう原因は様々ですが、サラッとしていてニオイの少ない汗をかく人は新陳代謝が活発な可能性があります。

 

新陳代謝が活発なことは体に良いことですし、汗のニオイも少ないと思うので特に問題はありません。
ですが、ベタついてニオイの強い汗を沢山かいてしまう人は、皮下脂肪や内臓脂肪が原因の場合があります。

 

脂肪の多い人は体に熱を溜め込んでしまうため、体温が上がります。
すると、体が体温調節をするために汗をたくさんかいてしまうのです。

 

多汗症の人は、何もしていなくても必要以上に汗をかいてしまいます。
特に激しい運動をしたわけでも、体温が高いわけでもないのに汗が沢山出てくるのです。

 

また、多汗症の人は全身に汗をかくわけではなく、局所的に汗をかくことが多いです。
手のひらや足の裏など、部分的に必要以上の汗が出てしまう人は多汗症の可能性が高いです。

 

どちらにしても、汗かきの人は何か病気を発症している可能性があります。
自分が汗をかき過ぎていると感じたら、更年期障害や肥満を疑い、早めに対処することが大切です。

 

アセッパー↓お得な公式サイト